【MLB】ビッグユニット大暴投にヒヤリ!? 25年前の米球宴名場面に「ビーストモード」

【MLB】ビッグユニット大暴投にヒヤリ!? 25年前の米球宴名場面に「ビーストモード」
1993年オールスターでのランディ・ジョンソン【写真:Getty Images】
1球目に超剛球で大暴投、腰が引けた打者はそこから3球三振

 弘法にも筆の誤り。どんな素晴らしいメジャー選手であれ、時には失敗することもある。そう、“ビッグユニット”の愛称でおなじみの殿堂投手、ランディ・ジョンソンも、だ。ジョンソンが1993年のオールスター戦で演じた大暴投を、MLB公式インスタグラムが19日(同20日)、近年米国で定着している“木曜日に昔を振り返る”「#TBT(Throw Back Thursday)」の企画として公開した。

「#TBT」のハッシュタグとともに「典型的なビッグユニット」という言葉が添えられた動画は、1993年にボルチモアで開催されたオールスター戦の一幕だ。

 3回2死走者なしの場面。ナ・リーグの4番ジョン・クラック(当時フィリーズ)と対戦したジョンソン(当時マリナーズ)の初球は、いきなり頭上をはるか高く越えてバックネットを直撃する大暴投となった。剛速球を誇るジョンソンの荒れ球に恐れをなしたクラックは、そこから1球外角ストライクを見送った後、へっぴり腰で2球空振りしてあえなく三振。「お見それしました」とばかりに頭を下げ、ヘルメットをポーンと放り投げるシーンが動画に収められている。

 25年経った今でも、画面から迫力が伝わってくるジョンソンの剛球に、ファンからは驚きの声が殺到した。

「どんな時でも(ジョンソンは)私のお気に入りの投手」

「本当にすごい!」

「私たちの世代のGOAT(Greatest Of All Time/史上最高)」


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年7月20日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。