「ダメなら終わり」―西武5年目内野手を変えた秋山との自主トレ、水口の言葉

「ダメなら終わり」―西武5年目内野手を変えた秋山との自主トレ、水口の言葉
西武・金子一輝【写真:篠崎有理枝】
2013年ドラフト4位の金子一、1年目は「入ったところを間違えた」も…

 10年ぶりの優勝に向け、パ・リーグ首位をキープしている埼玉西武ライオンズ。6月13日には2016年のドラフト1位、今井達也投手が初先発初勝利を挙げ、新戦力として頭角を現すなど、若手の活躍にも期待がかかる。1軍を目指す若獅子たちを紹介する連載の第3回は、5月12日にプロ入り5年目で1軍初昇格を果たした金子一輝内野手だ。5月22日の敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦でプロ初安打となるソロ本塁打を放つなど、前半戦は1軍で6試合に出場し、14打数5安打の成績を残した。この結果には自身も「今出せる力をしっかり出すことができた」と、納得の表情を浮かべる。

 金子一は神奈川県の日大藤沢高から2013年のドラフト4位で埼玉西武に入団。日大藤沢高では甲子園出場はなく、ドラフトで指名があった時の心境を「夢みたいな感覚だった」と振り返るが、入団1年目はイースタン・リーグで打率.145に終わり、プロのレベルの違いを痛感したという。

「入ったところを間違えたな、と思いました。ピッチャーの真っ直ぐのキレが違う。戸惑いました。最初は球の速さに慣れるのが一番だと思って、自分のできることを試そうという気持ちでした」

 2年目もわずか34試合の出場に留まり、打率は.233。3年目以降も打率は2割前後と振るわず、5年目となる今シーズンは「ダメなら終わり」という覚悟で挑んでいる。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年7月29日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「阪神タイガース」のニュース

次に読みたい関連記事「阪神タイガース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「千葉ロッテマリーンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「千葉ロッテマリーンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。