【高校野球】奈良大付、夏初出場で甲子園初勝利 エース木村が1失点完投、宮川が2ラン

【高校野球】奈良大付、夏初出場で甲子園初勝利 エース木村が1失点完投、宮川が2ラン
奈良大付が甲子園初勝利
奈良大付は2回戦で日大三と対戦、羽黒は2度目出場も夏初勝利はならず

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会第6日、第3試合は奈良大付(奈良)が、羽黒(山形)を4-1で破って夏初出場で甲子園初勝利を挙げた。

 奈良大付は初回、先頭の宮川が二塁打で出塁すると、続く植垣が三塁内野安打。羽黒の三塁・鈴木の悪送球で宮川が生還し、先制に成功した。

 その後は奈良大付の木村、羽黒の篠田と両校の背番号1が好投。試合が動いたのは5回。奈良大付は先頭・竹内が中前打を放つと、宮川が右中間へ2ランを叩き込み、貴重な追加点を奪った。

 一方、羽黒はその裏に篠田が1死から内野安打で出塁すると、二盗に成功。2死二塁で鈴木がセンターへのタイムリーを放ち、1点を返した。

 木村は7回、2死から連打を浴びて一、二塁とされるも、鈴木は右飛に仕留める。すると、奈良大付は8回に無死二、三塁の好機を作り、上野がセンターへ大飛球。羽黒の中島が背走し、体を投げ出して捕球する超美技を見せたが、犠飛となって奈良大付が4点目を加えた。

 奈良大会決勝で189球を投げていた木村は8、9回も抑え、完投で奈良大付に記念すべき甲子園初勝利をもたらした。2回戦は、折尾愛真(北福岡)を16-3で下した日大三(西東京)に挑む。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年8月10日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「野球」のニュース

次に読みたい関連記事「野球」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。