投打のベテランが偉業達成へカウントダウン 「1000」と「2000」が持つ意味

投打のベテランが偉業達成へカウントダウン 「1000」と「2000」が持つ意味
ロッテ・福浦和也と中日・岩瀬仁紀(左から)【写真:荒川祐史】
前人未到の1000試合登板を目指す中日・岩瀬仁紀

 40歳過ぎの超ベテラン選手2人が、大記録の達成を目前にしてシーズン終盤を迎えている。1人目は現役最年長、11月には44歳になる中日、岩瀬仁紀。岩瀬は、史上誰も達成していない「通算1000試合登板」まで、8月22日時点であと「9」に迫っている。

歴代登板数5傑

1岩瀬仁紀991登板(1999-2018)
2米田哲也949登板(1956-1977)
3金田正一944登板(1950-1969)
4梶本隆夫867登板(1954-1973)
5小山正明856登板(1953-1973)

 2位から5位は昭和の大投手。全員が200勝以上を記録し、殿堂入りしている。岩瀬は991登板のうち先発は1試合だけ、990試合は救援登板。2位以下の投手とは投球内容が全く異なっている。今季開幕の時点で、954登板。あと「46」という数字は、決して楽なものではなかったが、ここまで37試合に登板してきた。これはセ・リーグ20位タイの登板数だ。

 37試合に登板し1勝0敗2セーブ、9ホールド、28回、21奪三振、防御率は4.82の成績だが貴重な左の救援投手としてチームに貢献してきた。

月別の投手成績

3、4月 8登板0勝0敗、3ホールド 7.2回5奪三振 防御率0.00
5月 7登板0勝0敗1セーブ、1ホールド 5.1回4奪三振 防御率6.75
6月 7登板0勝0敗2ホールド 5.1回4奪三振 防御率11.81
7月 8登板0勝0敗1ホールド 6.2回5奪三振 防御率1.35
8月 7登板1勝0敗1セーブ、2ホールド 3回3奪三振 防御率9.00


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2018年8月23日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。