【MLB】最終日に“駆け込み補強“が続々成立 インディアンスは元MVPドナルドソン獲得

【MLB】最終日に“駆け込み補強“が続々成立 インディアンスは元MVPドナルドソン獲得
インディアンスに移籍したジョシュ・ドナルドソン【写真:Getty Images】
昨季はアストロズがバーランダー補強で世界一に、ヤンキースはエチャバリア獲得

 メジャーリーグは8月31日(日本時間9月1日)にトレード期限を迎え、駆け込みで大物選手の移籍が相次いだ。

 7月31日にはウエーバー手続きを経ないトレードの期限があるMLB。だが、実際には8月に入ってからもトレードは可能。ウエーバー公示をしてトレード要員を各球団に明らかにする必要があるものの、活発に取引が行われる。昨年は、アストロズが8月にタイガースからジャスティン・バーランダー投手を獲得。メジャー屈指の右腕は新天地で実力を存分に発揮し、アストロズは球団史上初の世界一に輝いた。

 そして、今季も8月に入ってから補強に動いたチームは多く、最終日となった31日には中地区首位のインディアンスがブルージェイズから主砲ジョシュ・ドナルドソンを獲得した。ドナルドソンは2015年にアスレチックスからブルージェイズに移籍し、同年にリーグMVPに輝いた。今オフに契約満了でFAとなる。

 インディアンスは3年連続地区優勝に向けて、今季も首位を走る。昨季はレギュラーシーズンで圧倒的な強さを見せながら、プレーオフは地区シリーズでヤンキースに敗戦。2連勝したものの、第3戦で田中将大に打線が抑え込まれ、そのまま3連敗で敗退した。70年ぶりの世界一へ、今年も本気だ。

 また、ジャイアンツからアンドリュー・マカッチェン外野手を獲得したばかりのヤンキースは、期限ギリギリでパイレーツからアデイニー・エチャバリア内野手を獲得。遊撃手として圧倒的な守備力を誇るエチャバリアは、今季途中にレイズから戦力外となり、パイレーツと契約していた。ヤンキースはワイルドカードでのプレーオフ進出が確実な状況だが、主力にけが人が出ており、正遊撃手のディディ・グレゴリアスも現在DL入りしている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年9月1日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら