ヤクルトが04年ホークス以来、11年ぶり打撃タイトル独占! 山田は3冠

打撃3冠を同一球団の異なる選手で分け合うのは史上初

 セ・リーグは7日の広島-中日戦(マツダ)戦で全日程を終えた。ヤクルトの山田哲人内野手が本塁打王、盗塁王、最高出塁の3冠。打撃6部門すべて(首位打者・川端慎吾、打点王・畠山和洋、最多安打・川端)を優勝したヤクルトの選手が獲得した。

 打撃6部門の1位を1球団が独占するのは2004年のダイエー(現ソフトバンク=打率・本塁打・打点・出塁率が松中信彦、盗塁が川崎宗則、最多安打が松中と川崎)以来、11年ぶり。また、打率、打点、本塁打の打撃3冠を同一球団の異なる選手で分け合うのは史上初となった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 山田哲人 侍ジャパン
Full-countの記事をもっと見る 2015年10月7日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「山田哲人 + 侍ジャパン」のおすすめ記事

「山田哲人 + 侍ジャパン」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「金子弌大」のニュース

次に読みたい関連記事「金子弌大」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「坂本勇人」のニュース

次に読みたい関連記事「坂本勇人」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。