【侍U-18代表】吉田輝星が得た大きな財産 感じた“仲間との差”と新たな収穫

【侍U-18代表】吉田輝星が得た大きな財産 感じた“仲間との差”と新たな収穫
侍ジャパンU-18代表に選出されていた吉田輝星【写真:荒川祐史】
韓国戦、チャイニーズ・タイペイ戦で2つの黒星

 10日まで宮崎市内で行われていた「第12回 BFA U18アジア選手権」。2大会連続での優勝を狙った侍ジャパンU-18代表はオープニングラウンド第3戦で韓国に、スーパーラウンド初戦でチャイニーズ・タイペイに相次いで敗れて決勝進出を逃した。3位決定戦で中国に圧勝し、3位以内に与えられる、来年に韓国・釜山で行われる「第29回 WBSC U-18ワールドカップ」の出場権こそ掴んだものの、悔しい結果に終わった。

 今大会で喫した2つの黒星。この試合で、ともに敗戦投手となったのが、吉田輝星(金足農)だった。金足農を秋田県勢として103年ぶりの決勝に導き、甲子園準優勝に輝いた吉田。今大会では大きな注目と期待を集めることとなったが、吉田自身は悔しさばかりが残る結果となった。

 大会初登板となった5日の韓国戦では初回に3ランを浴び、結果的にこれが決勝点。2回以降は無失点投球を続けたが、味方打線も援護できなかった。7日のチャイニーズ・タイペイ戦は4回から柿木蓮(大阪桐蔭)のあとを受けて2番手で登板。その代わりばなの4回に2点を失い、またしても打線が反撃できなかった。

 本人は甲子園での疲労を否定していたが、それでも、やはり本調子ではなかったように思われる。灼熱の甲子園で800球以上を投げた疲れは、本人が思っている以上に深いはずだ。チャイニーズ・タイペイ戦後、雨による2日間の中止があったが、この間、吉田の練習メニューは、ストレッチなどのリカバリーメニューばかりだった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年9月12日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「清宮幸太郎」のニュース

次に読みたい関連記事「清宮幸太郎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「藤浪晋太郎」のニュース

次に読みたい関連記事「藤浪晋太郎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「斎藤佑樹」のニュース

次に読みたい関連記事「斎藤佑樹」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら