【MLB】大谷翔平はイチローの足跡を「どこまでたどれるか」 米経済誌が特集記事

【MLB】大谷翔平はイチローの足跡を「どこまでたどれるか」 米経済誌が特集記事
エンゼルス・大谷翔平(左)、マリナーズ・イチロー【写真:AP】
元AP通信のベテランスポーツ記者が長文を寄稿

 投手としては右肘に新たな靭帯の損傷が発見されながらも、打者として活躍を続けるエンゼルス大谷翔平投手が、早くもイチローの“後継者”として期待されている。米経済誌フォーブス電子版が、「オオタニはイチローの示す模範例をなぞることができるか」という長文の特集記事を掲載。MLBに挑戦した日本人選手の名を多数出しながら、その中でも大谷は断然の実績を持つイチローの道をたどるべき選手だと示した。

 記事では、イチローの残した数々の数字(シーズン最多安打262本、史上2人目の新人王とMVPの同時受賞、首位打者2回、オールスター&ゴールドグラブ10回、オールスターでのランニング本塁打&MVP等)を挙げ、マリナーズ球団の役職(会長付特別補佐)に就いたことにも言及しながら、「日本人として初めて殿堂入りするだろう」と予想。「イチローの名前は、常にメジャーリーグで成功した日本人選手のリストのトップにある」としている。

 さらにイチロー以下、良くも悪くもMLBに名を残した日本人選手として野茂英雄松井秀喜ダルビッシュ有松坂大輔黒田博樹上原浩治、大家友和、長谷川滋利、斎藤隆岩隈久志佐々木主浩城島健司の名前を列挙。最後に、大谷について「1919年のベーブ・ルース以来、誰も成し遂げていないことを達成した」と紹介した上で、「1シーズンが終わらないうちに、オオタニはすでにメジャーリーグに挑戦した最高の日本人選手の1人として格付けされている」と記し、現時点ですでに大谷はイチローの後継者となり得る存在だという見方を記している。

 1969年から最近までAP通信のスポーツ記者をつとめ、38冊の著書がある筆者のダン・シュロスバーグ氏は「しかしながら、彼(大谷)がどのくらい長くイチローの足跡を辿っていけるかは、まだわからない」と記事を締めくくっているが、この記事自体が、大谷は日本人選手の中でもイチローに比肩できるほどのレベルにあるという前提で書かれたもの。規格外の活躍を見せる大谷に、世界的な経済誌であるフォーブスも熱い視線を注いでいる。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。