中日復活の鍵を握るビシエド&アルモンテ 「強竜打線」復活へ着実に歩む

中日復活の鍵を握るビシエド&アルモンテ 「強竜打線」復活へ着実に歩む
中日・ビシエド(左)とアルモンテ【写真:荒川祐史】
強い中日に必ずいる強打の外国人選手

 中日ドラゴンズに光が差しこみ始めている。若手好投手の台頭のみでなく、野手陣もコマが揃い始めてきた。伝統の「強竜打線」復活へ、中心となるのはダヤン・ビシエドとソイロ・アルモンテだ。

 中日が強い年には必ずと言っていいほど、強打の外国人野手がいた。古くは1974年、20年ぶり優勝の原動力となったジーン・マーチン。1試合3本塁打通算3度、王貞治氏、ランディ・バース氏と並ぶ年間10度の1試合2本塁打(76年)を放った。

 不動の三塁手として82年優勝の立役者となったのは、現役引退後MLBで監督経験もあるケン・モッカ。そしてゲーリー・レーシッチは、88年優勝時に落合博満氏らとともにクリーンアップを形成した。

 その後も、来日3年目の94年から3年連続首位打者のアロンゾ・パウエル。オリオールズなどMLBでの実績十分、97年加入のレオ・ゴメス。横浜で2年連続本塁打王を獲得した後、05年移籍入団したタイロン・ウッズ(中日時代の06年にも本塁打王)。09年1年目から本塁打と打点の二冠王を獲得したトニ・ブランコなどが大活躍した。

 中日で結果を出した外国人選手たちの中にはもちろん、MLBなどでの実績がある選手も存在した。しかしそれ以上に中日は「埋もれた原石」を探し出し、磨くことに長けているように見える。良い結果は目に付きやすいというのを差し引いても、中日の外国人成功率は高いと言えるだろう。一時期、獲得に乗り出した韓国籍選手も着実に結果を残した。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年9月18日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「北海道日本ハムファイターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「北海道日本ハムファイターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「千葉ロッテマリーンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「千葉ロッテマリーンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「埼玉西武ライオンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「埼玉西武ライオンズ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。