DeNA後藤が現役最後で涙の打席 地元ファンのゴメスコールの中で空振り三振

DeNA後藤が現役最後で涙の打席 地元ファンのゴメスコールの中で空振り三振
7回裏、現役引退を表明しているDeNA・後藤武敏が代打で登場
両軍ベンチから拍手が送られる

■DeNA – 中日(22日・横浜スタジアム)

 今季限りで現役引退を発表しているDeNAのG後藤武敏内野手が22日、横浜スタジアムでの中日戦で、現役最後の打席に立った。

 4-2と2点リードの7回裏、投手の代打として先頭で打席に向かった。客席を埋める地元ファンからは「ゴメス」の大コール。目を赤くしながら打席に立つと、中日・笠原と対戦。1ボール2ストライクから4球目チェンジアップをフルスイングで空振り三振となった。

 ダグアウトに戻る後藤には、両軍ベンチから大きな拍手が送られた。

 横浜高出身の後藤は、2002年自由枠で西武入り。2012年からDeNAに移籍し、16年の現役生活で618に出場。これが1368打席目だった。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2018年9月22日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。