【MLB】大谷、無安打で打率.286に 三振判定に本拠地ブーイング、新人王へ残り1試合

【MLB】大谷、無安打で打率.286に 三振判定に本拠地ブーイング、新人王へ残り1試合
「4番・DH」で先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
「ジャパンデー」も5試合ぶりノーヒット、エ軍は負け越しが決定

 エンゼルス大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地アスレチックス戦に「4番・DH」でスタメン出場。微妙な判定の見逃し三振に倒れるなど、4打数無安打に終わった。5試合ぶりのノーヒットで打率は.286に低下。新人王の有力候補にも名前が挙がっているが、30日(同10月1日)の今季最終戦の結果も重要になってきそうだ。

 エンゼルスは初回、先発スカッグスが2点を失うと、大谷はその裏の2死一塁の場面で右腕ヘンドリックスの6球目を捉えたが、ライナーは左翼手の正面。0-3となった4回の第2打席も、2死走者なしで右腕ケーヒルからライナーを放つも、再び左直に倒れた。

 3点を追う6回1死一塁では、カウント1-3から右腕ケリーの内角への直球、外角へのスライダーを自信を持って見送った大谷だが、2球連続でストライク。いずれも微妙な判定で見逃し三振に倒れ、本拠地はブーイングに包まれた。大谷は8回先頭は右腕ファミリアの前に左飛。この日は「ジャパンデー」だったが、バットから快音は響かなかった。

 エンゼルスは2-5で敗れ、連勝は「4」でストップ。負け越しが決まった。ヤンキースのミゲル・アンドゥハー内野手、グレイバー・トレース内野手とともに新人王の有力候補に名前が挙がっている大谷だが、今季最終戦で自己新の23号本塁打やヒットが飛び出すかが大きなポイントになりそうだ。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年9月30日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。