【MLB】トラウト独白、大谷翔平と「同じチームでいることが幸せ」 新人王に太鼓判

【MLB】トラウト独白、大谷翔平と「同じチームでいることが幸せ」 新人王に太鼓判
エンゼルスのマイク・トラウト(左)と大谷翔平【写真:Getty Images】
入団以来、間近で成長を確認「今年1年調整し続けた。それこそ彼の強み」

 27歳の若さながらMVPを2度受賞し、メジャー屈指のスーパースターとなったエンゼルスのマイク・トラウト外野手。2012年には打率.326、30本塁打、83打点、49盗塁で新人王に輝いた男が「Full-Count」の単独取材に応じ、大谷翔平投手とプレーする喜びを明かした。

 今季は打率.312、39本塁打、79打点、24盗塁でシーズンを終えた若き主砲は、今季からエンゼルスで二刀流の道を歩み出した大谷について「この1年よく頑張った」と労いの言葉を発した。「自分は投球面は詳しくないので分からない」と断りを入れながらも、「打撃面ではとても頑張っていた。彼のプレーを見るのは楽しいし、同じチームでいることは幸せだ」と明かした。

 スプリングトレーニングから目を掛けてきた日本人選手の成長を、間近で見続けてきた。そして至ったのは「メジャーで上手くやっていけるタイプの選手」という評価だ。メジャーで最も大切なことは「適応力」であり、新天地に適応するため「彼は今年1年調整し続けた。それこそ彼の強み」と、日々たゆまぬ努力を続ける大谷について語った。

 誰もが気になるのは、混戦が予想されるア・リーグ新人王の行方だろう。トラウト自身12年に同賞を獲得。エンゼルスでは1993年のティム・サーモン外野手以来2人目の快挙を成し遂げた。そして、大谷にもエリートの系譜に加わってほしいと考えている。

「間違いなくオオタニを応援している。新人王を獲ってほしいね。(ヤンキースの)アンドゥハーとトーレスも活躍しているが、オオタニが今年挑戦したことはベーブ・ルース以来の試み。評価されるべきだ」

 メジャー屈指のスーパースターの願いは届くだろうか。(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年10月2日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。