準々決勝はプエルトリコ 侍J、投打のキーマンは? 先発前田に死角なし!?

準々決勝はプエルトリコ 侍J、投打のキーマンは? 先発前田に死角なし!?
侍ジャパン・前田健太【写真:編集部】
強化試合では2連勝、マエケンは2年前の雪辱果たせるか

 侍ジャパン日本代表は世界野球「プレミア12」のグループBを首位突破。16日の準々決勝で、グループAの4位・プエルトリコと激突する。

 両軍は5、6日の強化試合(ヤフオクドーム)で対戦。侍ジャパンは第1戦で8-3、第2戦では3-2の逆転サヨナラ勝ちで2連勝したが、一発勝負の準々決勝で投打のキーマンとなるのはどの選手だろうか。

 先発予定の広島・前田健太に死角はなさそうだ。

 5日の強化試合で先発し、3回1安打無失点。初回先頭から4者連続三振。直球とスライダー、チェンジアップを内外角へ制球し、9アウトのうち8つが三振。メジャーリーグ組は不参加で若手主体のチーム構成となるプエルトリコに、圧巻の奪三振ショーを見せた。

 マエケンには雪辱をかけたマウンドとなる。13年3月の米サンフランシスコで行われた第3回WBC準決勝で先発。プエルトリコ打線を5回1失点に抑えたが、チームは1-3。黒星を喫し、WBC3連覇の夢も絶たれた。さらに、今大会の11日メキシコ戦(台湾・天母)では5回5安打2失点と悔しい投球。リベンジには十分の舞台となる。

好調の筒香&中田の前に走者を出せるか

 打撃で期待したいのは3番・山田哲人だ。

 ここまでの本戦で4番・中村剛也こそ打率1割5分8厘、0打点と当たりが止まっているが、5番・筒香嘉智は打率4割、4打点。6番・中田翔は打率5割2分6厘、2本塁打、13打点と神懸かっている。

 ここまで本戦で打率3割5分3厘の山田は、プエルトリコとの強化試合でも打率4割2分9厘(7打数3安打)と打っている。出塁すれば、セ・リーグ盗塁王に輝いた足もある。足でかき回せば、チームの得点力は上がるはずだ。

 準々決勝のプエルトリコに勝てば、準決勝はキューバ・韓国の勝者との対決が待っている。WBC準Vのプエルトリコを撃破し、プレミア初制覇へ弾みを付けたい。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 侍ジャパン メンバー
Full-countの記事をもっと見る 2015年11月16日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「侍ジャパン + メンバー」のおすすめ記事

「侍ジャパン + メンバー」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。