【米国はこう見ている】MLB公式サイト選定、FA“お買い得”4選手筆頭に岩隈、移籍先候補にヤ軍も

【米国はこう見ている】MLB公式サイト選定、FA“お買い得”4選手筆頭に岩隈、移籍先候補にヤ軍も
元ロッキーズGMが3年36億円規模の契約を予想、「岩隈は質と量を提供できる」

 マリナーズからフリーエージェント(FA)になった岩隈久志投手が今年のFA市場のお買い得選手4傑の筆頭に選出され、新天地候補にはヤンキースが挙がっている。MLB公式サイトが「フリーエージェントでバーゲンとなるであろう4選手」と特集している。

 ロッキーズのダン・オダウド元GMが格付けした企画では、今回のFA市場でバーゲンとなる可能性ががある実力者の筆頭に、日本人右腕が登場している。

 寸評では「34歳の岩隈は質と量を提供できることをすでに証明している。2013年に約220イニングを記録し、通算3・17という防御率を誇る。通算で9イニング平均1.7四球を記録するなど、ストライク先行の投球でゴロを量産する岩隈は、優勝を狙えるレベルのチームの先発ローテーションの真ん中(3番手)を担うタレントを持っている」と分析。メジャー通算でゴロに仕留める確率が50・1パーセントというデータも紹介している。

 また、岩隈がマリナーズから1年1580万ドル(約19億円)のクオリファイング・オファー(QO)を受けたことに言及。岩隈はQOを拒否したが、マリナーズ以外の球団が同投手と契約する場合、マリナーズに来年ドラフトの最上位指名権を譲渡しなければならない。これについて、「それが彼の市場価格を低下させることになる」とし、ドラフト指名権の譲渡という代償が岩隈の条件面に影響を及ぼすと分析。それでも、「(獲得に動く)チームは3年契約で年俸約1000万ドル(約12億円)を提示するだろう」と3年総額36億円程度の条件を手にできると予想している。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2015年11月16日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。