【女子プロ野球】愛知ディオーネが“下剋上”達成、2連勝で女王決定戦を制し「年間女王」に輝く

【女子プロ野球】愛知ディオーネが“下剋上”達成、2連勝で女王決定戦を制し「年間女王」に輝く
“下剋上”で「年間王者」に輝いた愛知ディオーネ【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】
1勝のアドバンテージを持つ京都フローラに連勝

 女子プロ野球リーグの日本シリーズ女王決定戦第2戦は8日に川口市営球場で行われ、ヴィクトリアシリーズ2位の愛知ディオーネが1位の京都フローラに3-1で勝利。1勝のアドバンテージを持っていた京都フローラに連勝し、“下剋上”で「年間王者」に輝いた。

 7日の初戦はディオーネが7-0で快勝し、迎えた一戦。フローラの先発は古谷恵菜、対するディオーネはハーラートップの松谷比菜乃がマウンドに上がった。初回は両チーム得点圏にランナーを置くが、共に先発投手が踏ん張り無得点。1戦目とは打って変わったシーソーゲームが予想される攻防も、試合はすぐさま動いた。

 2回、ディオーネは先頭の5番・中田友実がショートへの内野安打で出塁。後続のフォアボールと送りバントで1死二、三塁とし、8番・御山真悠がセンター前ヒット。前日に続きディオーネが1点を先取する。続く9番ヂェン・チーの内野ゴロの間にさらに1点を追加し、この回2点を挙げた。

 反撃したいフローラは、3回先頭の三浦伊織が2打席連続のヒットで出塁するが、続く2番・みなみが1打席目に続いてダブルプレーに仕留められる。その後2つのエラーで、2死一、三塁とし、打席には5番・星川あかり。しかし、この回からマウンドに上がったディオーネ2番手・小原美南の前に押さえ込まれ得点できない。

 1点が遠い。これが流れなのか。勢いの差なのか。序盤からディオーネペースの流れを変えたいフローラは、5回に小西美加をマウンドへ送った。様々な逆境を乗り越え、フローラの絶対的守護神として今季マウンドに立ち続けてきた自他共に認める女子プロ野球界のレジェンドである。試合前には「私たちベテラン組が経験を活かして若手選手を包み込むようにプレーする。若い子たちが伸び伸びやれるように雰囲気を作る」と語っていた小西は、ランナーを出しながらも自分のペースを崩さず相手打線を抑え込んだ。


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2018年10月9日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら