【MLB】田中将大は「大一番のために生きている」 エースKOで辛辣NYファン最後の望み!?

【MLB】田中将大は「大一番のために生きている」 エースKOで辛辣NYファン最後の望み!?
ヤンキース・田中将大【写真:AP】
第2戦で好投の田中にファンは絶大な信頼「常に活躍」「信頼している投手はタナカだけ」

 ヤンキースのルイス・セベリーノ投手は8日(日本時間9日)、本拠地で迎えたレッドソックスとのア・リーグ地区シリーズ第3戦で4回途中6失点の大乱調に終わり、KOされた。若きエース右腕の背信投球にヤンキースファンは落胆。第2戦で5回1失点と好投し、勝利投手となった田中将大投手こそが「ヤンキース唯一の信頼できる先発投手」との声が上がっている。

 田中の好投で星を五分に戻し、ヤンキースタジアムに舞台を移して行われた宿敵対決第3R。ヤンキースタジアムに詰め掛けたニューヨーカーは、悪夢を見させられた。

 3回までに3失点を喫した先発セベリーノが、4回に1アウトも取れず満塁のピンチを招く。ここで降板を余儀なくされた。マウンドを引き継いだリンが打ち込まれ、自責点6。ヤンキースはこの回、痛恨の7失点で大敗。若きエースはポストシーズンの大一番で背信のピッチングとなった。

 セベリーノは今季のレギュラーシーズンでは19勝8敗、防御率3.39。10月3日(同4日)のアスレチックスとのワイルドカードゲームでは先発し、4回無失点の好投を見せていた。昨年のポストシーズンでは、ワイルドカードゲームで1/3回を2被弾3失点と炎上後、インディアンスとの地区シリーズでは第4戦で7回3失点と好投。アストロズとのリーグ優勝決定シリーズでも第2戦で4回1失点と好投したが、王手をかけて迎えた第6戦では4回2/3を3失点で敗戦投手となっていた。圧倒的な力を持ちながら、大舞台で力を発揮しきれない「エース」にヤンキースファンは落胆し、ツイッター上では第2戦で好投を見せた田中を改めて評価していた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年10月9日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら