440万円投手が健闘、高年俸選手が苦戦…12球団コスパNo1助っ人は誰だ【パ編】

440万円投手が健闘、高年俸選手が苦戦…12球団コスパNo1助っ人は誰だ【パ編】
途中加入で優勝に貢献した西武のデュアンテ・ヒース【写真:荒川祐史】
10年ぶりVの西武はシーズン中入団の助っ人が大きく貢献

 2018年のプロ野球はレギュラーシーズンがほぼ終わり、セパ両リーグで13日の1試合ずつを残すのみとなった。同日にはヤクルト対巨人、ソフトバンク対日本ハムのクライマックスシリーズ・ファーストステージが初戦が行われ、ポストシーズンの戦いが始まる。

 143試合を戦い抜いた各球団。今季も数多くのドラマが起きたプロ野球だが、球界を盛り上げてくれたのが助っ人外国人の存在。各球団で重要な役割を担った選手もいれば、開幕前に寄せられた期待ほどの結果を残せなかった選手も……。そして、シーズン中に入団し、救世主のごとく活躍した選手もいる。

 はたして、今季プロ野球界でプレーした選手で、最もコストパフォーマンスに優れた助っ人はどの選手だろうか。今季の各助っ人の推定年俸と成績を振り返ってみたい。今回は西武が10年ぶりに優勝したパ・リーグ編。全助っ人の成績は以下のようになる。

◯西武(計7人、8億8605万円)
カイル・マーティン(3300万円)
22試合2勝1敗1セーブ10ホールド 21.2回 防御率2.08

ファビオ・カスティーヨ(1億260万円)
20試合7勝4敗3セーブ1ホールド 74.1回 防御率4.48

ブライアン・ウルフ(1億2000万円)
14試合4勝4敗0セーブ0ホールド 66回 防御率4.77

デュアンテ・ヒース(1925万円)
42試合4勝1敗13セーブ9ホールド 39.2回 防御率2.50


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年10月12日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「日本シリーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「日本シリーズ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。