セ個人タイトル確定 巨人菅野が3冠、中日ビシエド2冠&燕バレが打点王

セ個人タイトル確定 巨人菅野が3冠、中日ビシエド2冠&燕バレが打点王
ヤクルトのウラディミール・バレンティン【写真:荒川祐史】
燕バレンティンは独走131打点、広島大瀬良は最多勝&最高勝率の2冠

 13日の中日-阪神戦でセ・リーグのレギュラーシーズンの全日程が終了し、個人タイトルが確定した。

 セ・リーグの打撃部門では中日のビシエドが打率、最多安打の2冠。打率.348、178安打はいずれも来日3年目で自己最高の成績となった。打率では、.345の坂本勇人(巨人)を抑えて首位打者に輝いた。DeNAのソトは6月中旬に1軍に定着し、驚異のペースでホームランを量産。107試合で41本塁打を放ち、広島の丸佳浩(39本)を上回った。また、バレンティンは本塁打は38本で及ばなかったものの、打点131は2位の岡本和真(巨人)に「31」の差をつける独走。2013年に史上最多の60本塁打を放った大砲だが、打点王のタイトルは意外にも初だ。

 史上初の3度目のトリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)を達成した山田哲人(ヤクルト)は自身3度目の盗塁王。また、最高出塁率を記録した丸は.468という驚異の数字をマークした。

 投手部門では、巨人の菅野智之が最優秀防御率、最多勝、最多奪三振の3冠。完封数は実に「8」を数え、自身初の200イニングにも到達(202回)。最優秀防御率は3年連続4度目、最多勝は2年連続2度目、最多奪三振は2年ぶり2度目と圧巻のシーズンとなった。大瀬良大地(広島)も15勝を挙げ、菅野とともに最多勝に輝いた。大瀬良は13勝以上が対象となる最高勝率にも輝き2冠。DeNAの守護神・山崎康晃は自身初の最多セーブを記録。獅子奮迅の活躍を見せたヤクルトの近藤一樹が最優秀中継ぎに輝いた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 坂本勇人 Instagram
  2. 坂本勇人 侍ジャパン
  3. 坂本勇人 年俸
Full-countの記事をもっと見る 2018年10月13日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「坂本勇人 + 復帰」のおすすめ記事

「坂本勇人 + 復帰」のおすすめ記事をもっと見る

「坂本勇人 + 年俸」のおすすめ記事

「坂本勇人 + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「阿部慎之助」のニュース

次に読みたい関連記事「阿部慎之助」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。