侍J、菅野が最速155キロでメキシコ打線斬り! 2番手で登板し力投見せる

アマチュア時代には157キロをマーク

 侍ジャパン日本代表が21日のプレミア12、3位決定戦・メキシコ戦(東京ドーム)で菅野智之投手(巨人)が2番手で登板し、最速155キロをマークするなど力投を見せている。

 8点リードの4回に登板した巨人のエースは、初球にいきなり152キロをマーク。先頭のロペスを142キロのカットボールで遊ゴロに打ち取るなど、三者凡退に打ち取った。

 さらに5回2死からはペーニャへの4球目で155キロを記録。この回も三者凡退で切り抜けた。

 アマチュア時代には最速157キロを計時したこともある右腕。シーズン中は先発起用が主であり、150キロ台を連発することは多くない。しかし代表の舞台でリリーフ登板。短いイニングでの投球で豪腕を発揮している。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2015年11月21日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。