西武初戦落とし、辻監督「これで落ち着くでしょ」 雄星は血マメで降板

西武初戦落とし、辻監督「これで落ち着くでしょ」 雄星は血マメで降板
西武・辻発彦監督【写真:福谷佑介】
辻監督は菊池の中4日先発の可能性に言及「不完全燃焼でしょ」

ソフトバンク 10-4 西武(17日・メットライフ)

 リーグ王者の西武が、初戦を落とした。17日、本拠地メットライフドームで「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージの初戦を戦い、ソフトバンクに4-10で大敗。先発の菊池が5回6失点でノックアウトされて敗れ、試合後、辻発彦監督は「これで落ち着いてできるでしょう。これからですよ。あと3つ勝ったら勝ちでしょ」と淡々と語った。

 菊池は初回、柳田に適時打を浴びて先制点を献上。味方が逆転した直後の4回には3連続適時打を含む5安打で5点を失った。左手の指に血マメが出来た影響もあって、5回9安打6失点でKO。指揮官は「ちょっとおかしかった。血マメが出来て、スライダーが全然曲がらなかったな。あれ以上投げさせたら、次投げられなくなる」と語った。

 打線は1点ビハインドの3回に源田、浅村の連続適時打で一度は逆転。4回には栗山、6回には山川にソロ本塁打が飛び出したが、空砲に終わった。それでも、レギュラーシーズン最終戦から10日空いての試合だったこともあり、辻監督は「打つ方はそんなに気にしていない。調子もそんなに悪くない」と、ポジティブに捉えた。

 アドバンテージの1勝があり、これで1勝1敗のタイとされた。辻監督は「もちろんいかないといけないでしょ。そういうとことに持っていかないと。これじゃ不完全燃焼、燃えきってない。心配ではあるけれど」と、この日104球で降板した菊池を中4日で投入する可能性にも言及。まだ初戦を落としただけ。切り替えて、西武は第2戦で仕切り直しを図る。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年10月17日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「オリックスバファローズ」のニュース

次に読みたい関連記事「オリックスバファローズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「千葉ロッテマリーンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「千葉ロッテマリーンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「埼玉西武ライオンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「埼玉西武ライオンズ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。