「このまま終われない」―血マメで乱調&降板の西武菊池、中4日で第6戦先発も

「このまま終われない」―血マメで乱調&降板の西武菊池、中4日で第6戦先発も
西武・辻監督【写真:福谷佑介】
大敗で初戦を落とす、辻監督も「もちろん行かなきゃいけないでしょう」

■ソフトバンク 10-4 西武(17日・メットライフ)

 クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが17日、メットライフドームで開幕。リーグ覇者の西武は、エース・菊池雄星を先発に立て、ファーストステージを突破してきた2位ソフトバンクを迎え撃ったが、その菊池の乱調で4-10で大敗。初戦を落とした。

 苦手は克服できていなかったのか。もしくはこれが勝ち上がってきたチームの勢いなのか。「彼の全力を出し切れば十分に勝てる」と、辻監督に送り出された菊池。初回、4番・柳田に「得点圏にランナーがいたので、勝負に行った」(炭谷)インコース高めのストレートをうまく捉えられ、先制点を与えてしまう。

 続く2回、先頭打者・中村晃に二塁打を許したものの、その後は粘りのピッチングを見せ、2、3回を無失点。しかし、立ち直ったかに見えた菊池にアクシデントが起こる。「ちょっと指がおかしかったよね。血マメができていたから」(辻監督)。試合中、菊池の指に血マメができ、4回には、はっきりと指先を気にする仕草を見せ始めた。

 試合後、捕手の炭谷は「それぞれのボールは良かったんですが、コースがばらついていて、ちょっと心配というのはありましたけど、1回から3回までは問題なかった。それが3回くらいから、スライダーの曲がりがばらつき始めて、4回には血マメの影響もあって。コントロールは、ここ最近で一番悪かった」と振り返った。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。