伊藤光、山崎勝、伏見、若月…争いは混沌 オリックスの正捕手は誰に?

伊藤光、山崎勝、伏見、若月…争いは混沌 オリックスの正捕手は誰に?
来季オリックスの正捕手を争う伊藤・山崎・伏見・若月(左から)【写真:編集部】
飛躍の年となったプロ2年目の若月、福良新監督も高評価

 オリックスの若月健矢捕手(20)が今月1日に契約更改を行った。100万円アップの年俸700万円で一発サイン。今季はシーズン終盤に1軍に昇格すると5試合に出場。そのうち4試合にスタメンマスクをかぶり、プロ初安打もマークするなど飛躍の年となった。

 1軍の舞台で貴重な経験を得た若月は「今年の目標は1軍に上がることだったので個人としてはよかった。先発として試合に出ることもできたし、ヒットも打つことができた」と納得のシーズンを振り返った。

 オリックスの正捕手といえば日本代表にも選出された伊藤光が真っ先に浮かぶが、期待されていた若手の台頭で来季の正捕手争いは激化することが予想される。まずは今季、各捕手の先発マスクの試合数とその試合での先発投手の勝敗を振り返って見たい。

○伊藤光 72試合 19勝32敗
○山崎勝己 63試合 25勝21敗
○伏見虎威 4試合 1勝1敗
○若月健矢 4試合 2勝1敗

伊藤は不動のレギュラーから今季は山崎勝との併用に、来季巻き返しなるか

 自らの途中交代、先発投手のレベルの違いなどから数字だけでは一概に言えないが、貯金の数が一番多かったのは2013年オフにソフトバンクからFA移籍してきた山崎勝。昨年はベストナイン、ゴールデングラブ賞、最優秀バッテリー賞を受賞した伊藤光が不動のレギュラーだったが今シーズンは伊藤、山崎勝の併用が目立った。

 消化試合となった終盤戦には2年目の若月にもチャンスが訪れた。福良新監督は「若月は思った以上の動きを見せてくれた。また試合で使ってみたいと思わせる捕手。1軍争いに入ってくる能力は持っている」と評価している。

 屈辱を味わい巻き返しを誓う伊藤、ベテラン捕手としての存在感を見せつけた山崎勝、打撃力NO1の伏見、底知れぬポテンシャルを感じさせる若月。

 来年2月から始まる春季キャンプでは、この4人が激しいレギュラー争いを繰り広げるだろう。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 伊藤光 Instagram
  2. 伊藤光 トレード
  3. 伊藤光 怪我
Full-countの記事をもっと見る 2015年12月2日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「伊藤光 + 怪我」のおすすめ記事

「伊藤光 + 怪我」のおすすめ記事をもっと見る

「伊藤光 + トレード」のおすすめ記事

「伊藤光 + トレード」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「小林誠司」のニュース

次に読みたい関連記事「小林誠司」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。