ソフトバンク、日本S進出王手! 柳田&甲斐2ランで下克上へあと1勝

ソフトバンク、日本S進出王手! 柳田&甲斐2ランで下克上へあと1勝
先制2ランを放ったソフトバンク・柳田悠岐【写真:福谷佑介】
西武は増田&マーティンの4四球4失点で万事休す

■ソフトバンク 8-2 西武(20日・メットライフ)

 ソフトバンクが日本シリーズ進出に王手をかけた。20日、敵地メットライフドームでの「パーソル クライマックスシリーズ パ」のファイナルステージ第4戦。初回に柳田の2ランで先制したソフトバンクは2回にも甲斐の2ランで追加点をあげると、投手陣のリレーでリードを守り抜いた。これで対戦成績を3勝2敗とし、ファイナルステージ突破へ、あと1勝とした。

 前夜、16安打15得点と爆発した打線が、この日も初回から得点を奪った。2死からグラシアルが四球を選んで出塁すると、続く柳田がクライマックスシリーズ初アーチ。西武先発の今井が投じた高めの真っ直ぐを弾き返した打球は、高い弾道で左翼スタンドへ飛び込む驚愕の先制2ランとなった。

 さらに2回、西田がセーフティーバントを決めて出塁すると、甲斐が1ボール1ストライクからの3球目、真ん中低めの真っ直ぐを完璧に弾き返し、打球は左中間スタンドへ。伏兵の2ランで、大きな大きな追加点を奪った。7回には4つの四球に、デスパイネの適時内野安打などで4点を追加して試合を決めた。

 中4日での先発となった東浜は、3回に木村に2ランを浴びたが、4回までこの2失点に抑え、リードを守った。右腕は4回2失点で降板すると、その後は武田、石川、加治屋、森のリレーでこのリードを守って逃げ切った。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. クライマックスシリーズ 広島
Full-countの記事をもっと見る 2018年10月20日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「クライマックスシリーズ + 広島」のおすすめ記事

「クライマックスシリーズ + 広島」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「日本シリーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「日本シリーズ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。