高校生中心の広島、大学生偏重の阪神 …過去5年のドラフト戦略【セ編】

高校生中心の広島、大学生偏重の阪神 …過去5年のドラフト戦略【セ編】
過去5年、広島は高校生選手を中心にドラフト指名している【写真:荒川祐史】
育成選手の指名で群を抜くが、上位指名は大学生を好む巨人

 25日、都内で2018年のプロ野球新人選択会議(ドラフト会議)が行われる。毎年、高校・大学・社会人を中心に多数の選手が指名され、プロの世界に飛び込むが、各球団がそれぞれのレベルの選手をどんな割合で指名するかは、その球団の育成に対する考え方の違いが見えて非常に興味深いものがある。

 過去5年間のセ・リーグ6球団の指名選手を、高校・大学・社会人・その他(独立リーグ・専門学校・卒業後しばらくしての指名など)に分類すると、以下のようになる。(指名選手はあくまでドラフト会議での指名。育成ドラフトでの指名選手はカッコ内に記載)

〇セ・リーグ

広島 高校生15人(育成4人)大学生9人(育成0人)社会人7人(育成0人)その他0人(育成1人)

 明らかに高校生が多く、即戦力より2軍でじっくり鍛えて数年後の主力に成長させる志向。中軸を見ても鈴木誠也(2012年2位=二松学舎大付高)、丸佳浩(2007年高校生ドラフト3巡目=千葉経済大附)、クローザーの中崎翔太(2010年6位=日南学園高)と、高卒の生え抜きが占める。それだけでなく、大瀬良大地(2013年1位=九州共立大)、菊池涼介(2011年2位=中京学院大)、田中広輔(2013年3位=JR東日本)と大学、社会人からもしっかりレギュラーが育っている。

ヤクルト 高校生11人(育成0人)大学生11人(育成1人)社会人9人(育成0人)その他2人(育成1人)


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年10月24日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「埼玉西武ライオンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「埼玉西武ライオンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東京ヤクルトスワローズ」のニュース

次に読みたい関連記事「東京ヤクルトスワローズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。