打点最多は清原和博、最多勝利は山田久志…歴代ドラ1で最も成功したのは?

打点最多は清原和博、最多勝利は山田久志…歴代ドラ1で最も成功したのは?
プロ1年目から大活躍を見せた清原和博氏【写真:Getty Images】
毎年わずか12人のドラ1選手、期待に応えて活躍したのは…

 プロ野球ドラフト会議は25日に都内で開催される。今年も多くのアマチュア選手が期待に胸を膨らませている。

 NPBのドラフト会議は今年が54年目。1965年に始まった。この年、MLBドラフト制度を導入しているが、日米のドラフトは大きく内容が異なっている。

 NPBのドラフトはレギュラーシーズンが終了した10月、11月に行われるが、MLBのアマチュアドラフトは6月に行われる。NPBは12球団の関係者が一堂に会して新人を選択するが、MLBのドラフトは電話会議でありイベントではない。NPBの現行ルールでは1位選手の使命が競合した場合は、くじ引きで選択権を決めるが、MLBでは直前シーズンの下位チームから新人を選択する「完全ウェーバー」方式を採用している。

 ドラフト会議で注目を集めるのは、何といっても「ドラフト1位」選手だ。毎年わずか12人。エリート中のエリートだといえるだろう。球団、ファンの期待も高い。

 その期待に応えて、実績を挙げた選手を見てみよう。自由枠、希望枠で入団した投手もドラフト1位に含める。プロ入り後、移籍した球団での成績も含めた通算成績。

◯ドラ1投手、勝利数10傑

1山田久志(1968年阪急・富士鉄釜石)
284勝166敗 3865回 防御率3.18

2東尾修(1968年西鉄・箕島高)
251勝247敗 4086回 防御率3.50

3村田兆治(1967年ロッテ・福山電波高)
215勝177敗 3331回1/3 防御率3.24


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ドラフト会議 予想
  2. ドラフト会議 大学生
  3. ドラフト会議 社会人
Full-countの記事をもっと見る 2018年10月25日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ドラフト会議 + 大学生」のおすすめ記事

「ドラフト会議 + 大学生」のおすすめ記事をもっと見る

「ドラフト会議 + 高校生」のおすすめ記事

「ドラフト会議 + 高校生」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ドラフト」のニュース

次に読みたい関連記事「ドラフト」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら