残りものには福がある!? 過去10年の“外れ1位”はどれだけ活躍しているか?

残りものには福がある!? 過去10年の“外れ1位”はどれだけ活躍しているか?
2010年に“外れ1位”でヤクルトに入団した山田哲人【写真:荒川祐史】
過去10年、“外れ1位”で計55人が指名されている

 10月25日、都内のホテルで、運命のドラフト会議が行われる。今年も、根尾昂や小園海斗などに複数球団が入札し、重複指名となることが確実な情勢となっている。そうなれば、交渉権の行方はクジ引きに委ねられ、クジに外れた球団は「外れ1位」を指名することになる。

 各球団の編成担当がドラフト会議前のシミュレーションで一番頭を悩ませるのは、この「外れ1位」の想定だろう。意中の選手を外した場合、どの選手を指名するか。単純に2位以下で指名予定だった選手を繰り上げるのでは成果としては物足りない。他に抽選を外した選手は一体、どの選手に流れるか。再び競合を覚悟するのか、それとも他球団を出し抜いて指名できるか。スカウトたちの情報戦がモノを言う。その時になってみないと、決まらないケースもあるだろう。

 過去10年で120人の選手がドラフト1位で指名されたが、このうち実に55人が「外れ1位」。ただ、その顔ぶれを見ると「本命は外したが、収穫はあった」といえるケースも多い。12球団別に、過去10年の外れ1位を見ていこう。まずは、パ・リーグから。

西武(2人)
2017年 齊藤大将 ×田嶋大樹
2012年 増田達至 ×東浜巨

 西武はくじ運に恵まれ、2009年、2010年と6球団が競合した菊池雄星、大石達也を引き当てた。2012年は東浜を外したが、“外れ1位”で指名した増田はクローザーに成長している。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ドラフト会議 予想
  2. ドラフト会議 大学生
  3. ドラフト会議 社会人
Full-countの記事をもっと見る 2018年10月25日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ドラフト会議 + 予想」のおすすめ記事

「ドラフト会議 + 予想」のおすすめ記事をもっと見る

「ドラフト会議 + 社会人」のおすすめ記事

「ドラフト会議 + 社会人」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ドラフト」のニュース

次に読みたい関連記事「ドラフト」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。