今年の選手はどうなるか…ドラフトの“答え”が出るのは5年後!? 13年は「大豊作」

今年の選手はどうなるか…ドラフトの“答え”が出るのは5年後!? 13年は「大豊作」
西武・山川穂高【写真:荒川祐史】
大瀬良&田中と主力に成長した広島、ヤクルト杉浦は日ハムへ移籍

 2018年のドラフト会議が25日に行われた。ドラフトは5年後、10年後になってみないと、その球団にとって成功だったのかどうかの答えは出ないと言われる。今から5年前、2013年のドラフト会議を振り返ってみると、主力に成長し今シーズン大活躍した選手がズラリと並んでいる。12球団の「5年後のドラフト」診断をしてみよう。

 2013年のドラフトの目玉は、前年の夏の甲子園で、2年生ながら1試合22奪三振、10者連続三振の新記録を樹立した桐光学園の松井裕樹だった。日本ハム、ソフトバンク、楽天、DeNA、中日の5球団が競合し、くじ引きの末、楽天が交渉権を獲得した。その他、“外れ1位”“外れ外れ1位”も含めて大瀬良大地、石川歩、柿田裕太、杉浦稔大、岩貞祐太に重複入札、くじ引きが行われた。

 球団別に、指名選手のその後を追ってみた。

◯広島
1大瀬良大地 投
2九里亜蓮  投
3田中広輔  内
4西原圭大  投
5中村祐太  投

 1位でヤクルト、阪神と重複した大瀬良をくじ引きで獲得。ルーキーイヤーから10勝を挙げて新人王、5年後の今年は16勝を挙げて菅野智之(巨人)と並ぶ最多勝を獲得した。2位の九里亜蓮も3年目から先発、リリーフ兼用として存在感を見せ、今季24試合(19先発)で8勝4敗。初の完投勝利も挙げた。

 3位の田中広輔はルーキーイヤーから110試合に出場。今では不動の1番打者となり、5年で通算703安打、111盗塁。5位の中村祐太も昨年5勝、今年3勝を挙げた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年10月26日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。