ゴールデングラブ大予想 広島菊池、巨人菅野にライバル出現か【セ編】

ゴールデングラブ大予想 広島菊池、巨人菅野にライバル出現か【セ編】
広島・菊池涼介【写真:荒川祐史】
ベストナインと同じく記者投票で選出されるゴールデングラブ賞

 守備のベストナインであるゴールデングラブ賞も記者投票で選出される。各ポジションの規定試合数以上の選手の守備成績を見ていこう。続いてセ・リーグ

 守備成績は、もっとも数値化が遅れている部門だ。また、ポジションによって見るべき数字も変わってくる。ここでは発表されている各指標に加えて守備範囲の広さを示すRF(レンジファクター補殺+刺殺=守備機会を試合数で割った数値)も出す。

【一塁手】
ビシエド(中)
132試 5失策 守備率.996 併殺95 RF9.84

ロペス(De)
108試 0失策 守備率1.000 併殺76 RF8.76

坂口智隆(ヤ)
98試 5失策 守備率.994 併殺58 RF8.49

岡本和真(巨)
126試 6失策 守備率.994 併殺88 RF8.44

 一塁手の守備機会は他の内野手からの送球を捕球する刺殺が大部分なので、RFはあまり重要ではない。出場試合数と失策数の少なさが重要だ。DeNA・ロペスはフィールディング、捕球の確実性などが高く評価され、ここまで3回ゴールデングラブを受賞してきたが、今季は108試合しか守っていない。守備機会が1000以下というのは物足りない。最も多く一塁を守り、守備率もまずまずだった首位打者の中日・ビシエドとしたい。

【二塁手】
山田哲人(ヤ)
138試 13失策 守備率.984 併殺92 RF5.64


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2018年11月7日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。