先発投手の“責任”QSランキング 沢村賞・巨人菅野を抑えて1位に輝いたのは?

先発投手の“責任”QSランキング 沢村賞・巨人菅野を抑えて1位に輝いたのは?
巨人・菅野智之【写真:Getty Images】
チーム別QSではパ・リーグオリックスセ・リーグは巨人が1位

 QS(Quality Start)は、先発投手が6回以上を投げて自責点3以下を記録することを言う。MLBで考案され、先発投手の最低限の責任とされる。今季、両リーグのQSの状況を見ていこう。

 まずはチームのQS数。

◯パ・リーグ
1オリックス 143試合75QS(QS率52.44%)
2西武 143試合73QS(QS率51.05%)
3日本ハム 143試合70QS(QS率48.95%)
3楽天 143試合70QS(QS率48.95%)
5ロッテ 143試合66QS(QS率46.15%)
6ソフトバンク 143試合65QS(QS率45.45%)

 オリックスが75QSで1位、続いて西武。ソフトバンクがは今季、規定投球回数に達した投手がいなかったが、QS数も最低だった。

◯セ・リーグ
1巨人 143試合72QS(QS率50.35%)
2中日 143試合70QS(QS率48.95%)
3阪神 143試合65QS(QS率45.45%)
3広島 143試合65QS(QS率45.45%)
5ヤクルト 143試合58QS(QS率40.56%)
6DeNA 143試合45QS(QS率31.47%)

 巨人が1位、DeNAは12球団でも極端に少ない48QS。DeNAは先発に頼らず、継投策でペナントレースを戦ったことが分かる。こうしてみるとQS数は、チームの強さの指標ではなく、チームの投手政策の違いを表す指標だということが分かる。QS率が高いチームは先発投手への依存度が高く、低いチームは救援投手への依存度が高いと言えそうだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年11月10日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら