西岡剛がトライアウトを受けた理由 激白した想い「チャレンジです、常に」

西岡剛がトライアウトを受けた理由 激白した想い「チャレンジです、常に」
シート打撃では4打数1安打1打点だった西岡剛【写真:福谷佑介】
NPB以外も選択肢「野球ができる場所であれば」

 プロ野球の12球団合同トライアウトは13日、ソフトバンクの2軍本拠地球ホームスタジアムで48選手が参加して行われた。阪神を戦力外となり、現役続行の望みをかけてトライアウトに挑んだ西岡剛内野手は4打数1安打1打点2三振。トライアウト終了後は、多くの報道陣に囲まれ、その心境を激白した。

 カウント1-1から始まるシート打撃。第1打席では楽天のコラレスの前に空振り三振に倒れた西岡だったが、第2打席ではロッテ時代のチームメートである成瀬から左中間を破る二塁打を放った。第3打席は巨人の篠原慎平投手の前に見逃し三振。そして、第4打席は広島のオスカルの前に遊ゴロに倒れた。

 まず西岡が口にしたのはファンへの感謝の言葉だった。この日、会場をホームとするソフトバンク勢とともに大きな声援を浴びていたのが西岡で、「1番支えてもらったのはファンの声援だったり手紙だった。常にそういう方に支えられているんだな、今日トライしている全員がファンに支えられているんだなと感じました」と語った。

 打撃内容は4打数1安打、2つの三振を喫した。猛アピールとはいかなかったものの、「納得というか、相手もあることですから、4打数4安打、打てたらそれは気分はいいでしょうけど、その中でも1本打てたというのは気分的には楽にはなりました。それだけでは僕が決められることじゃないので、いい報告が来るようにこれからも練習を続けていきたいなと思います」とした。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年11月14日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「オリックスバファローズ」のニュース

次に読みたい関連記事「オリックスバファローズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「千葉ロッテマリーンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「千葉ロッテマリーンズ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。