西岡剛がトライアウトを受けた理由 激白した想い「チャレンジです、常に」

古巣ロッテへの強い愛着「心の中では願ってます」

 34歳になり、今回のトライアウト受験者の中では最年長だった。様々な選択肢が考えられる中で、西岡はなぜトライアウトを受けたのか。「僕はいつも小さいときから、親父から言われてきたんですけど、チャレンジする選択肢があるなら、一番難しいものにトライしなさいと言われて育ってきた。ロッテからアメリカに行く時も、ロッテに残る方がいいのかと考え、アメリカに行く方がすごいチャレンジだと思いました。残念なことに僕の力がなかったわけですから。日本に帰ってくる時にも色んな球団がありましたけど、1番プレッシャーかかって難しいところはどこだろうと考えた時に、それが阪神だったんです。トライアウト受けて、続けるほうが難しい選択だなと思ったので。チャレンジです、常に」。西岡なりの矜持であった。

 古巣ロッテへの愛着を語る口調は熱を帯びた。「身近な関係者の人にはずっとロッテ出たときから、最後はロッテのユニホームを着て引退するんだというのをずっと言ってきました。シナリオから言うと格好悪い感じになりましたけど。しっかりと結果を出して、メジャーで結果を出して日本に帰ってくる時にロッテに戻れるような野球人生を歩めたら最高なことだったと思うんですけど、いかんせん僕の力がなかったわけですから。ただ、まだユニホーム着て、トライアウトという場があるということは、トライしないといけないと思いますし、動きを見てもらって、戻ってきてほしいなと思ってもらえるようにやってきたつもり。あとは僕が決めることじゃない。ただ心の中では願ってます」とプロのキャリアをスタートさせた古巣からのオファーを願った。

 とはいえ、34歳のベテランで、現実的には厳しいことも理解はしている。NPB以外の選択肢について問われると「もちろんもちろん。NPBがなければ、野球ができる場所であれば。野球を続けたいわけですから。自分の意志だけではできない立場になってきたので、僕の気持ちだけではどうにもできないですけど、野球は続けます」と答えた。トライアウトにまでチャレンジした西岡の想いは、どこかの球団に届くだろうか。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年11月14日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「東京ヤクルトスワローズ」のニュース

次に読みたい関連記事「東京ヤクルトスワローズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。