今オフは106人戦力外… 例年より多い実績者、沢村賞やタイトル獲得選手も

今オフは106人戦力外… 例年より多い実績者、沢村賞やタイトル獲得選手も
ソフトバンクから戦力外となっている摂津正【写真:藤浦一都】
ソフトバンク摂津は2012年に沢村賞、五十嵐は日米通算860試合登板

 ソフトバンクの2年連続日本一で幕を閉じた2018年のプロ野球。現在は侍ジャパンMLB選抜と「2018日米野球」を戦い、そのほかの選手たちは秋季キャンプに参加するなどし、来季への準備をスタートさせている。一方で、各球団のフロントは戦力整備を着々と進め、来季に備えている。

 11月8日には今シーズンの第2次戦力外通告期間が最終日を迎えた。クライマックスシリーズ全日程終了翌日から始まった2次戦力外通告期間では新たに40選手が、所属球団から来季の契約を結ばない旨を伝えられた。第1次通告期間(10月1日から12日)と合わせて、今季は106選手が戦力外通告を受けた。

 毎年、ドラフト会議で12球団合わせて100人前後の新人が指名される。各球団の支配下登録枠は70人が上限に定められていることから、オフにはほぼ同数が戦力外を球団から言い渡される。とはいえ、今季は例年以上に輝かしい実績を残してきた選手が数多く非情通告を受けることとなった。

 そして、13日には12球団合同トライアウトが開催され、48選手が参加。現役続行への“ラストチャンス”で、自らの力をアピールした。

 今オフに戦力外通告を受けた主な実績ある選手は以下のようになる。

◯摂津正(ソフトバンク)10年目
2018:7試合2勝4敗0セーブ0ホールド 5.16
通算:282試合79勝49敗1セーブ73ホールド 2.98
2009新人王、2012沢村賞
2009&2010最優秀中継ぎ投手、2012最多勝&最高勝率

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年11月14日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「オリックスバファローズ」のニュース

次に読みたい関連記事「オリックスバファローズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「北海道日本ハムファイターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「北海道日本ハムファイターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「千葉ロッテマリーンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「千葉ロッテマリーンズ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。