トレード移籍から丸1年 ホークス西田が語る新天地での日々と川島慶三の存在感

トレード移籍から丸1年 ホークス西田が語る新天地での日々と川島慶三の存在感
ソフトバンク・西田哲朗【写真:藤浦一都】
「新たな選手が入ってきて立ち位置がなくなる。そんなチーム」

 パ・リーグ2位から“下克上”で2年連続日本一に輝いたソフトバンク。怪我人や外国人、ベテラン選手たちを除く選手たちは、激戦の疲れも癒えぬまま、宮崎秋季キャンプを行っている。そのキャンプも17日で打ち上げ。若手の多いキャンプの中で、ホークス移籍からちょうど1年を迎え、宮崎の地で精力的に練習に取り組んでいる男がいる。

 西田哲朗、その人である。

 昨年の11月15日、山下斐紹とのトレードで楽天から加入した西田はキャンプ地で移籍会見を行った。あれから丸1年。自身2度目の秋季キャンプでは20分近くもサインや記念撮影に応じるほど、ファンに認められる存在となった。西田はソフトバンクの一員として過ごした1年を振り返りこう語った。

「成長させてもらった1年でした。今まで楽天で8年やってきて楽天しか知らない状態でしたが、また新しいチームに来ていろんな選手を見て、ましてや、ホークスという常に勝つことを強いられるチームでやることによって、新しい発見が非常に多かったですね。『もっとやらなければいけない』と感じることも多かったし、どうやったら勝ちにつながるプレーができるのか、どうすれば常勝軍団の1つの駒になれるのかと考え続けた1年だったと思います」

 移籍して1年目のシーズンは、72試合に出場し、打率.211、4本塁打、16打点という成績を残した。今宮健太が不在となった7月に古巣の楽天戦で移籍後初本塁打を放つと、3試合連続本塁打を記録してパンチ力を見せつけた。さらに西武とのクライマックスシリーズファイナルステージでは、5試合中4試合にスタメン出場。12打数7安打2四球と見事なつなぎ役を果たして「ラッキーボーイ」として日本シリーズ進出に大きく貢献した。


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2018年11月15日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。