減りゆく「松坂世代」 今季で6選手が現役引退、残るNPB在籍選手は8人に

減りゆく「松坂世代」 今季で6選手が現役引退、残るNPB在籍選手は8人に
中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】
松坂は今季6勝をあげてカムバック賞を獲得

 2018年のプロ野球はソフトバンクが2年連続日本一に輝き、幕を下ろした。セ・リーグは広島が3年連続リーグ優勝、パ・リーグ西武が10年ぶりにその頂点に立った。ソフトバンクはリーグ2位からクライマックスシリーズを勝ち上がり、西武を倒して日本シリーズに進出。日本シリーズでも広島を4勝1敗1分で下し“下克上”日本一を達成した。

 今季のプロ野球界で大きな注目を集めた出来事の1つが、中日に移籍した松坂大輔投手の存在だった。米MLBから2015年ソフトバンクに加入し、日本球界に復帰。だが、右肩の故障などで3年間でわずか1試合しか1軍で登板できないまま、ソフトバンクを構想外に。退団を選択すると、入団テストを経て中日に入団した。

 春季キャンプから大きな注目を集め、キャンプ地にはファンが殺到。空前のフィーバーとなると、日本球界復帰後4年目にして、開幕ローテ入り。4月30日のDeNA戦で勝利投手となり、4241日ぶりの日本球界での白星をあげた。右肩への影響を考慮し、登板間隔を10日以上空けての先発が続いたため、11試合の登板にとどまったが、チームで2番目の勝ち星となる6勝をマーク。カムバック賞にも輝いた。

 松坂自身は見事な復活を遂げたが、球界で活躍してきた松坂の同級生たち、いわゆる「松坂世代」たちは、徐々にその数を減らしている。今季は13人が選手としてプレーしたが、今季限りでオリックスの小谷野栄一内野手、日本ハムの矢野謙次外野手、中日の工藤隆人外野手、DeNAの後藤武敏内野手、巨人の杉内俊哉投手、そして昨オフ巨人を戦力外となり、今年はルートインBCリーグの栃木でプレーしていた村田修一内野手の6選手が、現役を退いた。


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2018年11月19日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「クライマックスシリーズ + 広島」のおすすめ記事

「クライマックスシリーズ + 広島」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「日本シリーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「日本シリーズ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。