鈴木誠也の背番号「1」 広島のチームリーダーが代々引き継いだ伝統の系譜

鈴木誠也の背番号「1」 広島のチームリーダーが代々引き継いだ伝統の系譜
広島・鈴木誠也【写真:荒川祐史】
主砲に成長した鈴木が、前田智徳以来6年ぶりに襲名

 広島の鈴木誠也の背番号が「51」から「1」へと変わる。どの球団でも「1」は特別な背番号だが、広島でもチームを牽引した名選手が背負ってきた。

 広島の背番号「1」の歴史を見ていこう。成績は、その背番号の期間で記録したもの。

〇「1」
1950-1953 白石勝巳/遊 480試1814打490安42本164点49盗 率.270
1953 野崎泰一/投 1試0勝1敗 4回1/3 防16.20
1954-1958 金山次郎/二 416試1605打353安17本92点115盗 率.220
1959-1969 古葉竹識/遊 1413試5087打1293安39本316点255盗 率.254
1970-1974 渋谷通/一 170試295打68安7本26点5盗 率.231
1975-1978 大下剛史/二 350試1153打298安9本73点79盗 率.258
1979-1982 大久保美智男/投 6試0勝0敗0S 10回 防3.60
1983-1993 山崎隆造/外 1345試4551打1306安85本452点189盗 率.287
1994-2013 前田智徳/外 1742試5578打1691安245本923点22盗 率.303
2019- 鈴木誠也/外

 広島の初代「1」は、戦前は巨人の名遊撃手で、2リーグ分立時に地元広島に移籍した白石勝巳がつけた。白石は広島の監督も務め、1985年に殿堂入りしている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年11月20日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「福留孝介」のニュース

次に読みたい関連記事「福留孝介」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「今永昇太」のニュース

次に読みたい関連記事「今永昇太」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「筒香嘉智」のニュース

次に読みたい関連記事「筒香嘉智」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。