西武今井に渡辺SDから発破「2桁勝利を目標に」 3年目の飛躍へフォーム見直し

西武今井に渡辺SDから発破「2桁勝利を目標に」 3年目の飛躍へフォーム見直し
契約更改に臨んだ西武・今井達也【写真:上岡真里江】
今季5勝5敗で500万円増の1800万円

 西武今井達也投手が4日、契約更改に臨み、500万円増の1800万円でサインした(金額は推定)。

 プロ2年目の今季、念願の1軍マウンドに立った。6月13日ヤクルト戦(メットライフドーム)のデビュー戦で6回5安打6奪三振1失点でいきなりプロ初勝利を挙げると、8月からはローテーション入り。シーズンを通して15試合中13試合で先発し、5勝5敗、防御率4.81の成績を残した。クライマックスシリーズでも、第4戦の先発を託されるなど「本当に大事な試合でも登板させていただき、2年目から想像もできないような貴重な経験をさせていただいた」と、充実の表情で語った。

 辻発彦監督も「来年は当然、背番号(11)以上は勝ってもらわないと」と期待を寄せる逸材だ。また、この日の交渉の席でも、渡辺久信シニアディレクター兼編成部長(SD)から「2桁勝利を目標に」と、重ねて発破をかけられた。さらに同席では、渡辺SDが高卒3年目で16勝を挙げ、最多賞を獲得したことを初めて聞き知ったという。「当然、努力はされたと思いますが、それ以外でもセンス、勝負度胸など、全てが揃っていないと、なかなか高卒3年目で16勝は難しいことだと思います。自分も少しでも近付けるように、必死にやっていきたい」と、3年目のシーズンへ向け強い意欲を燃やした。

 1軍を経験し、「シーズン終盤になるにつれて、自分が思っている以上に球速が出なかったり、狙ったところに行かなかったり、球が抜けたりが多かった。それで四球を出して、長打を打たれるという悪循環を繰り返してしまうところがある」と振り返る。明確に見えた課題を改善すべく、秋季キャンプでは西口文也投手コーチとともに投球フォームを見直し、習得に努めた。

 5勝を挙げたが、「ほとんど打線の援護をいただきながらの勝ち星。来年はしっかりと投げ勝てるようにしたい」と意気込む。

 夏の甲子園優勝投手とあり、ポテンシャルもマウンド度胸も天下一品。3年目の大成に期待がかかる。(上岡真里江 / Marie Kamioka)

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年12月5日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「菊池雄星」のニュース

次に読みたい関連記事「菊池雄星」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「吉川光夫」のニュース

次に読みたい関連記事「吉川光夫」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「田中賢介」のニュース

次に読みたい関連記事「田中賢介」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。