広島の強打者・新井貴浩を作ったもの―「練習は嘘つかない。やったもん勝ち」

広島の強打者・新井貴浩を作ったもの―「練習は嘘つかない。やったもん勝ち」
自身の若手時代の猛練習について語った新井貴浩氏【写真提供:DAZN「Home of Baseball」】
広島の練習は「とにかくキツかった」、両親に感謝「丈夫な体に産んで育ててくれた」

 2018年シーズンを最後に、20年間の現役生活にピリオドを打った広島の新井貴浩氏。DAZNでは、オフの新番組「Home of Baseball」の配信を2日から開始し、その中で新井氏へのロングインタビューを行った。2016年に現役引退した黒田博樹氏とともに、広島のレジェンドとして巨人に続く2球団目となるセ・リーグ3連覇に貢献した新井氏が、カープへのチーム愛、選手たちとの絆、自らの歩んできた道について語り尽くした。最終回は20年の現役生活を振り返り、自分を支えてきたものについて語っている。

 新井氏は決してエリートコースを歩んできたスラッガーではない。プロ入りも1998年ドラフト6位と下位指名。東都大学リーグの名門・駒大の出身で、リーグの打点王・ベストナインに選ばれた経験はあるものの、大学時代の本塁打はわずか2本。広島工高時代も甲子園には縁がなかった。カープ名物の猛練習で鍛え上げられ、プロ野球でも屈指の強打者になった努力の人だ。

「まずはやっぱり両親ですよね。丈夫な体に産んで、育ててくれましたから。僕なんか特にセンスがあったわけでもないですし、それがこうしてできたっていうのもカープの厳しい練習に耐えられた体があってこそなので、やっぱり両親に一番感謝しています」

 プロでの練習は、キツく苦しいということしかなかった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 新井貴浩 引退
Full-countの記事をもっと見る 2018年12月5日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「新井貴浩 + 引退」のおすすめ記事

「新井貴浩 + 引退」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ドジャース」のニュース

次に読みたい関連記事「ドジャース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「村田修一」のニュース

次に読みたい関連記事「村田修一」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。