鷹のドラ7は26歳の妻子持ちルーキー 単身赴任経てプロ入り「泣いて喜んでくれた」

 当初は家族も一緒に横浜に移り、ともに暮らしていた。「僕1人の収入で養うのはキツくて。妻にも働いてもらおうとしたんですけど、横浜はなかなか保育園も見つからなかったんです」。やむなく、妻子は地元である大分へと戻り、奥村は単身赴任生活でプロの夢を追い続けた。

 周囲には厳しい声もあったという。「子どももいて、中にはそんなにまでしてやる魅力があるものなのか、単身赴任をしてまでやることなのか、と言われることもありました」。それでも、妻は応援してくれた。「全く反対することもなく応援してくれました」。別居生活を経て、ついに届いた朗報に家族は「泣いて喜んでくれました」という。

 ついにプロ野球選手としての一歩を踏み出した。原則、新人は全員、寮に入寮することになるが、既婚者は家族と暮らすことを許されている。ただ、奥村は「プロの流れというものが分からないので」と、まずは「HAWKS ベースボールパーク筑後」にある選手寮に入寮し「流れが分かってきたら、一緒に暮らそうと思っています」。26歳の子持ちルーキーは、家族のために、プロの世界でひと花咲かせることを目指す。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 内川聖一 復帰
Full-countの記事をもっと見る 2018年12月6日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「内川聖一 + 復帰」のおすすめ記事

「内川聖一 + 復帰」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「筒香嘉智」のニュース

次に読みたい関連記事「筒香嘉智」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「柳田悠岐」のニュース

次に読みたい関連記事「柳田悠岐」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。