女子プロ野球界の“最多勝右腕”が激白 上手投げは「まだ納得いく形ではない」

女子プロ野球界の“最多勝右腕”が激白 上手投げは「まだ納得いく形ではない」
愛知ディオーネ・松谷比菜乃【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】
今季8勝を挙げた松谷、育成チーム時代に横手投げから上手投げに変更「まだ納得いく形ではない」

 女子野球でトップチーム昇格1年目で最多8勝を挙げた愛知ディオーネ・松谷比菜乃投手。今季は17試合に登板し、8勝4敗、防御率3.30と好成績を残した。20歳の若きホープに育成チーム時代の大幅なフォーム変更や好調の秘訣、投球に対する考え方などを聞いた。

――トップチームに上がって1年目でしたが、どんな思いでシーズンに臨みましたか。

「今シーズンは先発ローテーションに入ることを目標にプレーしてきました。目標自体は4月に達成することができました。とにかく試合に出て結果を残す。その想いは強く持っていました」

――今季は最多勝獲得。シーズンを通して得たものは?

「自分のピッチングについて、再認識できました。私は打たせてとる投球が持ち味で、各打者にゴロを打たせることを心がけています。そのためにはコントロールがすごく重要で、ストライクゾーンを広く使い、打者に自分のスイングをさせないようにと思って投げています。

 シーズン序盤では、自分の投げたいところにボールをコントロールできました。そういう意味では自分のピッチングができ、結果として現れてくれました。でもシーズン終盤には相手チームからの研究もありましたが、自分の体力面での弱さが出て結果に結び付かなかった試合がありました」

――育成チーム(レイア)時代にフォーム変更があったと聞きました。そのときのことを教えてもらえますか?

...続きを読む

あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2018年12月6日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。