改名は好成績のきっかけとなるか? 近年、登録名を変更した選手たちは…

改名は好成績のきっかけとなるか? 近年、登録名を変更した選手たちは…
日本ハム移籍を機に登録名を変更する金子弌大【写真:石川加奈子】
ハムの金子弌大は移籍を機に「千尋」から改名

 オリックスから自由契約となり日本ハムへの入団が決まった金子弌大投手。10日に札幌市内のホテルで行われた入団会見では移籍に伴い、登録名をオリックス時代の「金子千尋」から「金子弌大」に変更することを発表した。

 かつてイチローが1994年開幕前に「鈴木一朗」から登録名を変更し、プロ野球界史上初となるシーズン200安打を達成。当時の日本プロ野球記録となる210安打を記録した。登録名変更は成績に直結するのか?近年のプロ野球界で登録名変更した選手の変更前成績、変更初年度の活躍ぶりを振り返ってみたい。

中島宏之 ※変更前は中島裕之 2016年シーズンから

 2015年11月27日に「中島裕之」から「中島宏之」に登録名変更。オリックス1年目で変更前年の15年は117試合に出場し、打率.240、100安打、10本塁打、46打点だった。変更1年目の16年は4月に右ふくらはぎを痛めたこともあって思うように成績が伸びず、5月28日の西武戦で通算1500安打をマークしたものの、96試合に出場し、打率.290、91安打、8本塁打、47打点だった。

亀井善行 ※変更前は亀井義行 2013年シーズンから

 2013年1月7日に亀井義行から亀井善行に登録名変更。12年は度重なる故障に苦しみ、60試合出場、打率.239、26安打、2本塁打、11打点だったが、変更初年度の13年は86試合に出場し、打率.257、3本塁打、25打点を記録。キャンプ序盤で左ふくらはぎを肉離れしたものの、5月上旬に1軍復帰してリーグ2連覇に貢献した。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 金子弌大 FA
  2. 金子弌大 メジャー
Full-countの記事をもっと見る 2018年12月13日の野球記事
「改名は好成績のきっかけとなるか? 近年、登録名を変更した選手たちは…」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    ”弌大”で”ちひろ”と読ますくらいなら、”湯婆婆”と書いて”ちひろ”と読ませた方がよかったのでは?

    1
  • Kim 通報

    問題は金子だよ、金さん。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「金子弌大 + FA」のおすすめ記事

「金子弌大 + FA」のおすすめ記事をもっと見る

「金子弌大 + メジャー」のおすすめ記事

「金子弌大 + メジャー」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「西勇輝」のニュース

次に読みたい関連記事「西勇輝」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。