2010年ドラフト、セ各球団の成果は? 外れ外れで山田哲が入団、DeNAは全員去る

2010年ドラフト、セ各球団の成果は? 外れ外れで山田哲が入団、DeNAは全員去る
ヤクルト・山田哲人【写真:荒川祐史】
中日は5選手指名、うち3選手が他球団で戦力に…

 12月半ばに差し掛かり、2018年もあとわずかとなった。ソフトバンクが2年連続で日本一に輝いたプロ野球界もすっかりシーズンオフとなり、話題はストーブリーグが中心に。各球団の契約更改も進み、FA権を行使した選手たちの去就も全て決定。新助っ人の補強も、続々と発表されてきている。

 そして、今秋のドラフト会議で指名された各球団期待のルーキーたちも正式に契約を締結。各球団で新入団選手発表会も行われており、お披露目されている。中日に入団した根尾昂内野手やロッテの藤原恭大外野手、広島の小園海斗内野手、日本ハムの吉田輝星投手、西武の松本航投手、ソフトバンクの甲斐野央投手らが注目を集める中で、来季、一体どの選手が輝きを放つのか、楽しみだ。

 ただ、ルーキーたちがいきなり1年目から活躍するのは、なかなか至難の技。昨年のドラフトで指名された今季のルーキーたちも然り。清宮幸太郎内野手が大きな注目を集めた中で、大きく活躍したのはDeNAの東克樹投手ら、一握りの選手だけだった。

 ドラフトの成果は5年、10年経ってみないと分からないと言われるもの。では、5年前から10年前の各球団のドラフトが、今季どのように成果として発揮されたか、1年ずつ検証していってみよう。今回は8年前、2010年のドラフト【セ・リーグ編】だ。

【中日】
1 大野雄大投手 6試合0勝3敗0S0H 8.56
2 吉川大幾内野手(2014年戦力外→巨人)97試合18打数3安0本0点 .143
3 武藤祐太投手(2017年戦力外→DeNA)20試合0勝0敗0S0H 6.46
4 森越祐人内野手(2014年戦力外→阪神)16試合32打数4安0本1点 .125
5 関啓扶投手(2013年戦力外)


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ドラフト会議 予想
  2. ドラフト会議 大学生
  3. ドラフト会議 社会人
Full-countの記事をもっと見る 2018年12月19日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ドラフト会議 + 大学生」のおすすめ記事

「ドラフト会議 + 大学生」のおすすめ記事をもっと見る

「ドラフト会議 + 高校生」のおすすめ記事

「ドラフト会議 + 高校生」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ドラフト」のニュース

次に読みたい関連記事「ドラフト」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら