米球界選手を引きつける韓国球界の魅力「3Aとメジャーを行き来するより高額」

米球界選手を引きつける韓国球界の魅力「3Aとメジャーを行き来するより高額」
2017年には31本塁打を放つ活躍を見せたエリック・テームズ【写真:Getty Images】
今季までアストロズでスカウトだったタッサーノ氏を特集

 近年、日本プロ野球(NPB)に負けず劣らず外国人選手獲得に力を入れているのが韓国プロ野球(KBO)だ。かつてはNPB球団の方が高額な年俸を用意できたが、最近ではKBOの方が潤沢な獲得資金を持っていることもある。KBOが球界のレベルアップに尽力しているのは、昨季までSKワイバーンズの指揮を執っていたのが、NPBでは日本ハム、MLBではロイヤルズを率いたトレイ・ヒルマン監督だったことからも分かるだろう。さらに、近年では駐米スカウトを置き、人材確保に乗り出している。

 米メディア「NBCスポーツ・ボストン」公式サイトでは、今オフからKBOサムスン・ライオンズのスカウティング・コーディネーターに就任したアーロン・タッサーノ氏を特集。2013年から今季までアストロズでスカウトとして働いていたが、その前には韓国に住みながらカブスとレイズのために、アジア球界をスカウトしていたという。記事では、タッサーノ氏が考えるKBOの魅力と、KBOで成功する投手のポイントについても言及している。

 KBOがメジャーで大きな注目を浴びたのは、2016年オフのこと。メジャーでは開花しきれなかった打者エリック・テームズが、KBOでは3年間で124本塁打を記録。“神”と崇められるまでに成長した結果、ブルワーズと3年1600万ドル(約17億7700万円)の契約を勝ち取り、2017年は31本塁打と貢献した。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. アストロズ メンバー
  2. アストロズ ラグビー
Full-countの記事をもっと見る 2018年12月25日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「アストロズ + メンバー」のおすすめ記事

「アストロズ + メンバー」のおすすめ記事をもっと見る

「アストロズ + ラグビー」のおすすめ記事

「アストロズ + ラグビー」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ドジャース」のニュース

次に読みたい関連記事「ドジャース」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。