巨人は大型補強も内海流出、鷹は補強ゼロで終了? 12球団補強の進捗は…

巨人は大型補強も内海流出、鷹は補強ゼロで終了? 12球団補強の進捗は…
人的補償で西武へ移籍した内海哲也【写真:荒川祐史】
FA選手の補償も、広島から巨人に移籍した丸の補償を残すのみ

 2018年も残り1週間を切り、いよいよ2019年も目前に迫ってきた。平成最後のプロ野球界は、広島がセ・リーグ3連覇を果たし、パ・リーグは10年ぶりに西武が制覇。だが、ソフトバンクがクライマックスシリーズ日本シリーズと勝ち上がり、2年連続で日本一の座に立った。

 シーズンオフに入り、各球団は来季に向けての戦力編成を着々と進めている。FA市場では丸佳浩外野手と炭谷銀仁朗捕手が巨人へ、浅村栄斗内野手が楽天へ、西勇輝投手が阪神へと移籍が決まった。炭谷の人的補償として巨人の生え抜きだった内海哲也投手が西武、西の人的補償として竹安大知投手がオリックスへと、それぞれ移籍。浅村の補償は金銭となり、残るは広島から巨人へ移籍した丸の補償だけとなっている。

 各球団から続々と発表されている来季の戦力補強。まだ動きが伝えられているところもあるが、現時点で12球団の補強の進捗具合はどうなっているのだろうか。ドラフトで指名されたルーキーたちを除き、各球団が発表した補強は以下の通りとなっている。

◯セ・リーグ
【広島】
カイル・レグナルト投手(メッツ傘下)
菊池保則投手(楽天からトレード)
ケーシー・ローレンス投手(マリナーズ

【ヤクルト】
寺原隼人投手(ソフトバンク戦力外)
スコット・マクガフ投手(ロッキーズ傘下)
アルバート・スアレス投手(ダイヤモンドバックス傘下)
高梨裕稔投手(日本ハムからトレード)
太田賢吾内野手(日本ハムからトレード)


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年12月26日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。