2018年契約更改はどうなった? アップ率3位に松坂大輔、最高年俸は菅野に

2018年契約更改はどうなった? アップ率3位に松坂大輔、最高年俸は菅野に
中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】
6億5000万円の菅野が最高額、5億7000万円の柳田が2位

 2018年も残り、あと2日。広島と西武がペナントレースを制し、ソフトバンクが日本一となった今年もトッププレーヤーのスーパープレーの数々によって、大いに楽しませてもらった。各球団も仕事納めとなり、新しい年を迎えようとしている。

 来季の年俸が決まる、球団と選手たちの契約更改交渉も、ほとんどがここまでに終了。大幅アップ、大幅ダウンなど悲喜こもごもの内容となったが、ファンの大きな関心を集めることとなった。そこで、今オフの各球団の契約更改を振り返り、契約更改の“あれこれ”を見ていきたい。(日本人選手のみ、FAや自由契約で移籍した選手は除く)

○球界高年俸トップ3
巨人・菅野智之投手 6億5000万円
ソフトバンク・柳田悠岐外野手 5億7000万円
巨人・坂本勇人内野手 5億円

 来季の球界最高年俸に立ったのは、巨人の菅野。今季は15勝8敗、防御率2.14で2年連続最多勝、最優秀防御率をマーク。自身初めて200投球回を超え、2度の3試合連続完封を含む10完投8完封と圧巻の成績を残し、沢村賞にも輝いた。オフの契約更改では2億円増の6億5000万円に。2位はソフトバンクの柳田。今季はキャリアハイとなる36本塁打102打点を記録し、7000万円増の5億7000万円に。3位には巨人の坂本で1億5000万円増の5億円で更改した。ここに次ぐのが、FA組の2人で楽天の浅村栄斗内野手(5億円)、巨人の丸佳浩外野手(4億5000万円)、そしてヤクルトの山田哲人内野手(4億3000万円)が続く。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 松坂大輔 ソフトバンク
  2. 松坂大輔 年俸
  3. 松坂大輔 引退
Full-countの記事をもっと見る 2018年12月29日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「松坂大輔 + 登板」のおすすめ記事

「松坂大輔 + 登板」のおすすめ記事をもっと見る

「松坂大輔 + ソフトバンク」のおすすめ記事

「松坂大輔 + ソフトバンク」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「和田毅」のニュース

次に読みたい関連記事「和田毅」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら