巨人菅野は超ハイレベルも、救援の“新”目立つ…2018年の偉大な記録【投手編】

巨人菅野は超ハイレベルも、救援の“新”目立つ…2018年の偉大な記録【投手編】
巨人・菅野智之【写真:Getty Images】
菅野智之は圧倒的な数字で沢村賞、岩瀬は登板数&セーブ数でアンタッチャブルに

 2018年もあとわずか。そこで、今季のNPBで達成された主要な記録を回顧しよう。

○巨人・菅野智之が超ハイレベルの沢村賞

28先発、10完投、15勝、勝率.652、202回、200奪三振、防御率2.14

「沢村賞の7基準(25先発、10完投、15勝、勝率6割以上、200イニング、150奪三振、防御率2.50以上)」をすべてクリア。7基準をすべて満たしての沢村賞受賞は、この賞がセ・パ両リーグの選手を対象にした1989年以来7人目。2011年の楽天、田中将大以来。2年連続沢村賞は1995、96年の巨人、斎藤雅樹以来。またシーズン8完封は平成以降では最多。8完封は1978年の近鉄・鈴木啓示以来だった。

 また、菅野は10月14日のCSファーストステージ第2戦のヤクルト戦でノーヒットノーランを記録。ポストシーズンでのノーヒットノーランは史上初の快挙だった。

 投手の分業が進み、先発投手の登板回数が減少する中で、今季の菅野智之は、歴史的な快投を演じたといえよう。

○中日、岩瀬仁紀1000試合登板

 NPB史上初。NPB登板数5傑は、

1岩瀬仁紀1002登板(1999-2018)
2米田哲也949登板(1956-1977)
3金田正一944登板(1950-1969)
4梶本隆夫867登板(1954-1973)
5小山正明856登板(1953-1973)


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 菅野智之 メジャー移籍
Full-countの記事をもっと見る 2018年12月30日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「菅野智之 + メジャー移籍」のおすすめ記事

「菅野智之 + メジャー移籍」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「前田健太」のニュース

次に読みたい関連記事「前田健太」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「菊池雄星」のニュース

次に読みたい関連記事「菊池雄星」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。