10年ぶりV、下克上、激動オフ、大誤審… 2018年、パ・リーグ10大ニュース

10年ぶりV、下克上、激動オフ、大誤審… 2018年、パ・リーグ10大ニュース
西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】
西武は強力打線でパ・リーグ制覇、ソフトバンクは下克上から日本一

 2018年も残り、あとわずか。今季のプロ野球界も様々な出来事が起こり、ファンを楽しませ、盛り上げ、そして時に悲しませてくれた。パ・リーグは開幕から西武が首位を独走。そのまま一度も首位の座を明け渡すことなく、ゴールテープを切り、10年ぶりのリーグ制覇を成し遂げた。

 だが、リーグ2位だったソフトバンクが、クライマックスシリーズで西武を撃破し“下克上”を達成。さらに日本シリーズでも広島を破って2年連続の日本一に輝いた。そんなパ・リーグで起きた出来事の中で、Full-Count編集部が独自に10大ニュースを選出。それぞれのニュースを振り返り、2018年を思い出していこう。

○西武が10年ぶりV

“山賊打線”、“獅子おどし打線”と呼ばれた超強力打線を全面に押し出し、見事にリーグ制覇。3番の浅村が打点王、4番の山川が本塁打王に輝くなど、切れ目のない打線でパ・リーグを席巻した。チーム防御率4.24はリーグワースト、12球団でも11位に位置する低さだったが、まさに打ち勝って、10年ぶりに頂点に立った。

○ソフトバンクが“下克上”で日本一

 昨年度王者のソフトバンクだが、今季は開幕から苦しんだ。開幕直後に守護神のサファテ、セットアッパーの岩嵜が故障で離脱。その後も東浜、千賀、内川、今宮など故障者が続発し、一時はBクラスに沈んだことも。だが、夏場から徐々に盛り返して2位に入ると、クライマックスシリーズで西武を撃破。勢いに乗ってそのまま日本シリーズも制して2年連続で日本一となった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年12月31日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。