闘将・星野仙一氏、鉄人・衣笠祥雄氏…2018年に逝去した主な日本球界関係者

闘将・星野仙一氏、鉄人・衣笠祥雄氏…2018年に逝去した主な日本球界関係者
1月4日に亡くなった星野仙一氏【写真:Getty Images】
平成最後のシーズンでこの世を去った偉大な野球人たち

 平成最後のシーズンも、多くの野球人が世を去った。一時代を作った大選手あり、渋い脇役あり。野球史にその名をとどめたい。

1月4日 星野仙一70歳(146勝121敗34セーブ 監督1181勝1043敗53分)
 明治大卒。68年ドラフト1位で中日へ。中日のエースとしてV9時代の巨人に闘志を燃やす。沢村賞1回。また初代のセーブ王にもなった。引退後は中日、阪神、楽天で監督に。3球団をすべてリーグ優勝に導いた。「闘将」として、野球ファンのみならず日本中を鼓舞した。2017年野球殿堂入り。

1月17日 中村和久70歳(元巨人チーフスカウト)
 社会人野球のリッカーミシンで監督を務めた後、1985年から巨人のスカウトに。高橋尚成、阿部慎之助らを獲得。

1月22日 片平晋作68歳(1181安打176本塁打
 東京農大から71年ドラフト4位で南海へ。のちに西武で活躍した一塁手。王貞治にあこがれ、一本足打法を習得。一塁守備もうまくダイヤモンドグラブ1回受賞。オールスター出場1回。大洋では打撃コーチ兼任となり、引退後は西武でコーチを務め、女子プロ野球イースト・アストライヤの監督も務めた。

2月12日 種田弘85歳(40勝39敗)
 京都府立鴨沂高から50年、創設1年目の大洋へ。1952年途中に退団後、西京観光に入社し、55年に阪急に。56年に17勝。当時としては大柄な右腕、大きなカーブが持ち味だった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2018年12月31日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。