平成“最高”打者は誰だ? 30年間の安打、本塁打、打点トップは…

平成“最高”打者は誰だ? 30年間の安打、本塁打、打点トップは…
現役引退後は2016~2018年まで阪神の監督を務めた金本知憲氏【写真:荒川祐史】
積み上げ型の記録は“鉄人”金本知憲に軍配

 平成30年の間には野球界に数々の傑出した選手たちが現れた。NPBで積み上げられた、その偉大な功績を振り返ろう。まずは打者から。

○通算安打数10傑()は平成の実働期間
1金本知憲 2539安打(1992-2012)
2石井琢朗 2432安打(1989-2012)
3立浪和義 2405安打(1989-2009)
4稲葉篤紀 2167安打(1995-2014)
5宮本慎也 2133安打(1995-2013)
6小笠原道大 2120安打(1997-2015)
7前田智徳 2119安打(1990-2013)
8谷繁元信 2108安打(1989-2015)
9中村紀洋 2101安打(1992-2014)
10古田敦也 2097安打(1990-2007)

 鉄人と呼ばれた金本知憲が1位。史上2位の連続試合出場を作った金本は、ほとんど休むことなく試合に出続けたので、積み上げ型の数字では傑出している。金本の2539安打はNPB史上では7位だ。

 3位の立浪和義は1988(昭和63)年のデビューなので、この年の75安打が含まれていない。これを足せば2位の石井を抜く。

 現役では鳥谷敬(阪神)が2095安打。阿部慎之助(巨人)が2085安打。開幕から先発出場していれば、平成が終わる4月末までに、6位の小笠原あたりまで迫る可能性はあるだろう。

本塁打10傑 ※は現役
1金本知憲 476本塁打(1992-2012)
2ローズ 464本塁打(1996-2009)
3清原和博 434本塁打(1989-2008)
4小久保裕紀 413本塁打(1994-2012)
5中村紀洋 404本塁打(1992-2014)
6山崎武司 403本塁打(1989-2013)
7阿部慎之助 399本塁打(2001-2018)※
8中村剛也 385本塁打(2003-2018)※
9ラミレス 380本塁打(2001-2013)
10小笠原道大 378本塁打(1997-2015)


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年1月4日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「甲斐拓也」のニュース

次に読みたい関連記事「甲斐拓也」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ホームラン」のニュース

次に読みたい関連記事「ホームラン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「阿部慎之助」のニュース

次に読みたい関連記事「阿部慎之助」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。