セ・パで見る昨季最も三振しなかった打者は? 上位は巧打者が名を連ねる

セ・パで見る昨季最も三振しなかった打者は? 上位は巧打者が名を連ねる
DeNA・宮崎敏郎【写真:荒川祐史】
パ・リーグの1位は楽天藤田、セ・リーグはDeNA宮崎

 2018年のNPBの記録から、選手の特色を示すいろいろなデータを紹介していこう。まずは「三振が少ない打者」。100打席以上の打者の、打席数に占める三振数。

○パ・リーグ10傑

1藤田一也(楽)5.19%(289打席15三振)
2荻野貴司(ロ)7.12%(351打席25三振)
3銀次(楽)8.51%(552打席47三振)
4福田周平(オ)9.56%(345打席33三振)
5鈴木大地(ロ)9.86%(558打席55三振)
6島内宏明(楽)9.93%(453打席45三振)
7松本剛(日)10.07%(139打席14三振)
8内川聖一(ソ)10.81%(296打席32三振)
9田中賢介(日)11.29%(124打席14三振)
10中村晃(ソ)11.72%(580打席68三振)

 パ・リーグで最も三振しなかった打者は楽天の藤田一也。20打席に1回程度しか三振しなかった。藤田は守備の名手だが、打者としては「つなぐ打者」だ。三振をしては走者を送ることができない。2位は俊足外野手のロッテ荻野貴司、3位は首位打者もとったシュアな打者銀次。上位10傑には本塁打者はいない。

○パのワースト5

92石井一成(日)28.83%(163打席47三振)
93西田哲朗(ソ)32.74%(113打席37三振)
94清宮幸太郎(日)33.33%(180打席60三振)
95内田靖人(楽)34.20%(193打席66三振)
96ペゲーロ(楽)34.48%(348打席120三振)


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 内川聖一 復帰
Full-countの記事をもっと見る 2019年1月6日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「内川聖一 + 復帰」のおすすめ記事

「内川聖一 + 復帰」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「福留孝介」のニュース

次に読みたい関連記事「福留孝介」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「筒香嘉智」のニュース

次に読みたい関連記事「筒香嘉智」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。