最多は「7」の4球団、次点は「2」「6」の3球団 …12球団で空く1桁背番号

最多は「7」の4球団、次点は「2」「6」の3球団 …12球団で空く1桁背番号
広島では堂林翔太が「7」をつけており、移籍する長野久義の新背番号が注目される【写真:荒川祐史】
巨人は「1」「3」「4」が永久欠番に

 巨人と広島は7日、FA権を行使して巨人に移籍した丸佳浩外野手の人的補償として長野久義外野手が広島に移籍することを発表した。炭谷銀仁朗捕手の人的補償として内海哲也投手が西武に移籍したのに続く生え抜き功労者の流出は、驚きを持って報じられた。

 その長野は巨人に入団した2010年から9年間、一貫して背番号「7」を背負ってきた。だが、広島では「7」は堂林翔太内野手がつけている。1桁台の空き番号から選択するとなると「5」か「9」が有力だ。

 1桁の背番号は、チームの中心選手や期待の大きな若手に与えられるもの。ここでは、現時点で各球団で空位となっている1桁の番号を見てみたい。

セ・リーグ
○広島「5」「9」
 広島では「5」はこれまで外国人が多く背負い、ギャレットやバークレオ、直近で2016年のルナが着用。1992年から13年間を町田公二郎、2006年から10年間を栗原健太がつけ、2017年から空き番号となっている。「9」は昨季まで丸が背負い、それ以前にも三村敏之や長内孝、緒方孝市(現監督)がつけた。

○ヤクルト「6」「7」
 宮本慎也(現ヘッドコーチ)のイメージが色濃い「6」。宮本が引退した2014年から空き番号となっている。「7」は橋上秀樹、小早川毅彦らが背負い、2005年からは田中浩康が着用。2017年からは空き番号となっている。

○巨人「7」
 王貞治の「1」、長嶋茂雄の「3」、黒沢俊夫の「4」が永久欠番。長野の移籍で空いた「7」だけが1桁で空位となった。この「7」も柴田勲や吉村禎章(現打撃総合コーチ)、二岡智宏と名だたる実力者がつけた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 丸佳浩 FA
Full-countの記事をもっと見る 2019年1月9日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「丸佳浩 + FA」のおすすめ記事

「丸佳浩 + FA」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「西勇輝」のニュース

次に読みたい関連記事「西勇輝」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「糸井嘉男」のニュース

次に読みたい関連記事「糸井嘉男」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。